学校情報

柏市立富勢東小学校
〒277-0825
千葉県柏市布施2176-2
TEL:04-7133-3741
FAX:04-7134-5527
E-mail:
 
小学生の学習メニュー 
千葉県教育委員会 
学力向上 
家庭学習のすすめ 
柏市青少年相談員連絡協議会 
いきいき子育て広場 
ITadviser Online Home
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

カウンタ

COUNTER222321
※このホームページに掲載している文章・画像・楽曲の著作権は柏市立富勢東小学校とその情報提供者に属します。無断での転載・複製・配布は一切お断りいたします。
 

校長ブログ

校長ブログ(2019年度)
12345
2019/06/26new

プログラミング(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
ITアドバイザーの先生をお招きして、4年生がプログラミングの勉強をしました。

猫を画面上で往復させる、その猫をよけながらネズミがチーズのところにたどり着く、この2つがミッションです。素直な東っ子ですから、みんな熱心に取り組んでいました。アドバイザーの先生からもその様子についてお褒めの言葉をいただきました。

印西市から先生が一人、この授業の視察で来校されました。

プログラミングを体験しながら、論理的思考力を身に付けることが目標です。
パソコンの前に腰掛け、キーボードをうつ子どもたちの姿は、学校ではもう当たり前のものになっています。子どもはパソコンを使っての授業は好きですし、意欲もわきます。この活動を通し、また、きっかけとして子どもたちが興味を持って力を付けていくことを期待しています。

つい先日、関東甲信越の校長先生方が千葉県に集まって、研修会がありました。その時の講演で千葉商科大学の古田貴之先生のお話を伺いました。
プログラミングの話の中で「全体像を描き、そこから『逆算』していく力が求められている」という言葉が印象的でした。「文章をたくさん書かせてほしい」という願いも聞けた熱い講演でした。
論理的思考力はコンピュータがなくてもいろいろな方法で身につけることができるものです。子どもが楽しんで取り組めるかは別として、「作文」もそうですし、「4コマ漫画」や「日記」もそうです。子どもたちはいろいろな取り組みの中で(それがお家での遊びのものだとしても)、様々な力を付けていくんだろうなと感じることができたお話でした。
先輩教員から「子どもにとって学びと遊びは直結している」という言葉をいただいたことがありますが、それも思い出しました。

17:40
2019/06/25new

裁縫(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
5年生の家庭科、裁縫です。
字の縫い取りをしていました。

子どもたちが糸を付けた針を持って、字の縫い取りに一生懸命です。みんながんばっていました。


途中で糸が針から抜けたり、針で指をつついたり、後ろの布も一緒に縫ってしまったりしたものです。

パソコン、タブレット、スマホ・・・指1本で様々なことができたり、調べられたりする時代です。そんな中、こういった活動の大切さを感じずにはいられません。

4月に子どもたちに「失敗をおそれずやってみる子」を目指してほしい、の話をしたときに、「勉強することは食べることと似ている」という話をしました。「ピーマン食べたら急に背が高くなったり、にんじん食べたら急に足が速くなったりしないよね。好き嫌いせずにとりあえず何でもバランス良く食べておくことで健康な体になっていく。それが食事の意味。逆に苦手だからって食べなかったら、何かが足りないまま成長していくことになる。
勉強も、漢字を覚えるとか、割り算ができるとか、三角形が上手に描けるとか、今の時点でそのこと自体に意味がある(テストで良い点をとるとか)こともあるけれど、将来のことを考えたら、「割り算や漢字なんてわたしの人生になんの意味がある?」というように実際に学校で習うことにはそういうことが多いかもしれない。そのこと自体が将来役立つのかなんて、誰にもわからない。でも、とりあえず好き嫌い言わずに食べるように、勉強も生活面でも何でも好き嫌言わずに行ってみることで、そのこととは違う何かが身についていくと先生は思うんだよね。だから、とりあえず何でもやってみる子になってほしいんだ。」と言うような話です。

名前の縫い取りも家庭科の授業としては大切なんだけれど、それだけではないのではないかな、と思うわけです。いらいらしながら、「あー、うまくいかないな」とかブツブツ言いながら、指を器用に動かそうとすることで、脳が活発に活動するようになるとか、できることが増えることで生活が豊かになったり・・・。

「失敗をおそれずやってみる東っ子」が授業の中ででも少しずつ少しずつ増えていってほしいです。


17:04
2019/06/22new

歌声はいかがでしたか?(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
子どもたちの歌声を聞いていただくスマイルタイム(音楽集会)を行いました。
保護者の方々、地域の方々に多数ご参加いただきました。

この日のために音楽の時間やそれ以外の時間で歌声の準備をしてきました。子どもたちも先生方もお疲れ様でした。
音楽というものを介して、このような形の集会ができることはとても良いことだな、と感じます。
私自身は、一生懸命に歌っている様子を見て、また、その歌声を聞いていて、心が温かくなりました。音楽にはそういう力もありますね。
保護者のみなさんや地域のみなさんの温かな拍手も、子どもたちや教職員の励みになったはずです。ありがとうございました。引き続き東小の子どもたちの活動を見守ってくださいますようお願い申し上げます。

18:05
2019/06/21new

めだかの身の守り方(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
3年生の国語の教材に「めだか」があります。
その中に、めだかの身の守り方が4つ載っています。
(教科書の挿絵を真似して描いてみました。)

①「敵の少ないところを泳ぐ」

②「すばやく泳ぐ」

③「もぐって見つからないように隠れる」

④「集まって泳ぐ」

めだかは我々のように難しいことはあれこれ考えていないはずです。本能として組み込まれている部分です。
このいくつかの方法をとっても、ざりがにやみずかまきりに捕まってしまうこともあるでしょう。万能な方法はありません。
生き物の「身の守り方」の基本はきっと同じだな、と3年生の国語の授業を見ていて思いました。

17:15
2019/06/20

わかりやすさとは2(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
今日も東っ子は落ち着いて学習に取り組んでいます。
6年生の社会です。
先生が黒板に何か書いています。

何を書いているのか、よく見てみましょう。

「学習問題」を書いていました。その授業で、何を学ぶのか、それが学習問題です。

1年生の教室です。

図工でしょうか。やはり黒板に何か書いてあります。

学習と言うより、活動が主な授業の時は、このように大きな「単元名」を書くときもあります。横にページ数が書いてありますね。「14ページ、15ページだよ」と伝えると同時に、もし聞きそびれた子どもたちがいて「あれ?何ページを開くのかな?」という時のためにサッと書いておくことで、そんな子どもたちの助けになります。

2年生の教室です。子どもたちが床で作業しています。何をしているのかな?

黒板を見てみると

「学く地図をかんせいさせよう」と、活動する内容が書いてありました。
あっ学区地図を完成させるんだな、おっ気をつけることが3つあるぞ、とわかります。活動中に行き詰まった時、気が散った時、ふと黒板を見たらやるべきことがわかるわけです。子どもの活動を支える大切な情報です。
3年生

たんぽぽ学級

5年生

4年生

当たり前のことのようですが、今日の黒板の写真、先生方の取り組みはその時間に行うことを示す大切なことで、全て子どもたちのわかりやすさにつながっています。

子どもたちの中には、耳で聞いてよくわかるタイプ、目で見てよくわかるタイプがいます。
お家で「いくら言ってもなかなか伝わらない」なんて経験がある時は、言うと同時に目に見えるように書いて示すとうまく伝わることもあるかも知れませんね。

11:50
2019/06/19

何をしているのでしょう(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
今日は、体育館に高学年(456年生)が集まっていました。

何をしているのでしょう。


歌の練習をしていました。
今年の音楽担当北井先生の指導の下、大きく口を開けて、きれいな歌声を響かせていました。
発表までもう少し。がんばれ、東っ子!

18:15
2019/06/18

授業研究会(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
今日は第一回校内授業研究会でした。
通常は、それぞれの教室でそれぞれの先生が授業をしていますから、他の先生の授業を目にする機会はほとんどありません。しかし、生の授業を見ることで学べることはたくさんあります。今日はその日でした。

3時間目は6年の笠井学級、4時間目は3年の飯塚学級でした。
講師の先生として柏市教育委員会指導課指導主事髙橋先生と鈴木先生に来ていただきました。


全員の先生が、1年に1回、このような研究授業をします。実力アップの一助になります。放課後には全体協議会も行い、成果や課題は明日からの授業に生かしていきます。先生方、お疲れ様でした。
17:25
2019/06/17

PTAバレー(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
PTAバレー、ご存じですか?
経験、未経験問わず、9人制バレーボールで親睦を深めましょう、というものです。(本校にはありますが、全ての学校にあるわけではありません。)市のPTA連絡協議会が主催しているイベントの一つにもPTAバレーボール大会が年に一回あるので、本校も出場しています。

地域や市内の学校と練習や試合で交流したり、OBのみなさんが来てくださって練習をしたり、工夫しながら活動をしています。「楽しく」をモットーに活動している富勢東小PTAバレーです。笑顔で活気にあふれていて、見ているだけでも元気になれます。
今年も大会への出場を決めて、毎週頑張って活動しています。が、メンバーがギリギリで今のままだと出場できるか心配もあります。
この記事をご覧の保護者(お母様)のみなさんの中で、バレーの経験者の方、未経験ではあっても興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、練習をのぞきに来てください。あるいは、本校教頭か代表保護者へ連絡をください。お待ちしています。

17:05
2019/06/14

音声ガイダンス使用開始について(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
先日も手紙でお知らせしたとおり、働き方改革に向けての工夫として、来週の月曜日から勤務時間外における電話対応を音声ガイダンス対応とさせていただきます。
予定としては18時から翌朝7時30分までとなります。校内事情によっては、日によって時間に多少のずれが出る可能性もあります。ご了承ください。

実際に運用を開始してから、不都合などが出る可能性もありますので、まずは行ってみる、という姿勢で取り組んでみます。よろしくご協力をお願いいたします。

さて、梅雨の時期ですが、昨日、今日と青空が見えました。おかげさまでこの2日間でプール指導が低学年も高学年もできました。

今後も、使用規定に従い、安全第一で行っていきます。
17:55
2019/06/13

正門前坂道(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
晴天です。今日も子どもたちが元気に登校してきました。
元気なあいさつが響きます。気持ちの良い朝です。

正門前の坂道です。


過去に、正門から見た左側で倒木、右側で土砂崩れという出来事があったようですね。
少し前のことですが、市の方々が左側ののり面をすっきり整えてくださいました。生えていた木も切ってくださいました。
空が広くなっています。明るい坂道になりました。

子どもを育てる環境として死角がなく見通しがよいことは大切なことです。(子どもは隠れる場所が好きですが。)
今回は学校外のことですが、とてもありがたいです。
関わってくださったみなさん、ありがとうございました。

08:30
12345