学校情報

柏市立富勢東小学校
〒277-0825
千葉県柏市布施2176-2
TEL:04-7133-3741
FAX:04-7134-5527
E-mail:
 
小学生の学習メニュー 
千葉県教育委員会 
学力向上 
家庭学習のすすめ 
柏市青少年相談員連絡協議会 
いきいき子育て広場 
ITadviser Online Home
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

カウンタ

COUNTER250164
※このホームページに掲載している文章・画像・楽曲の著作権は柏市立富勢東小学校とその情報提供者に属します。無断での転載・複製・配布は一切お断りいたします。
 

校長ブログ

校長ブログ(2019年度)
12345
2019/09/20new

週末を迎えて(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
三連休だったため、今週の登校日は4日間でした。一週間があっという間に終わります。
6年生は修学旅行の振り返りをしていました。
旅行は、「して終わり」ではなく、5年生に伝えるまで行って完結します。先生の問いかけに対し、記憶をたどるようにこの旅行で学んだことを振り返っていました。今後、どんなまとめになるか楽しみです。

他の学年も集中して授業に取り組んでいます。
真面目に学習する子どもたちですから、さらにわかりやすい授業を心がけて、力を付けていきたい2学期です。






さて、市内、主に南部地区でのインフルエンザの情報が入ってきています。例年より少し早いとのことですが、人がたくさんいる場所に行く時は、注意が必要な季節がやってきます。日頃からお願いばかりで申し訳ありませんが、週末、交通安全への意識に加え、感染症予防にも十分気を付けていけるようお話をしていただけるとありがたいです。保護者のみなさんや、地域のみなさんも十分気を付けてお過ごしください。我々も気を付けます。
今週末も三連休となります。有意義な三日間になりますように。

16:45
2019/09/19new

修学旅行から帰りました(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
無事に帰校しました。無事に帰宅したでしょうか。

現地での発熱や怪我がなく、全ての活動に全ての児童が参加でき、無事に到着できたことが本当にうれしいです。
実行委員やレク係など役についた児童のがんばりは直接感じることができました。
「林間学校の時よりも成長」ということがテーマとして掲げられていました。一人一人がどうだったかは、各自、この2日間のことを思い出して考えて次に生かしてほしいです。とは言え、富勢東小の6年生として、完成した姿はまだまだ半年後の卒業式当日までのお楽しみです。明日からの日常の中で少しずつ成長をしていくために努力を積み重ねていきましょう。「目標を持ったら、具体的に動く」それしかありません。
今日はゆっくり休んでください。お疲れ様でした。

お迎えに来てくださった保護者のみなさん、無事の帰校を祈っていてくださった保護者のみなさん、ありがとうございました。

17:45
2019/09/18new

修学旅行に行ってきます(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
6年生と修学旅行に行ってきます。
歴史的な建物や自然に触れてきます。

本物に触れることは何よりの学びです。見て、触れて、感じて、帰ってきます。
お子さんのお土産話を楽しみにしていてください。

なお、旅行先の様子は可能な限り「東小日記」にアップしていく予定です。

07:40
2019/09/17new

三連休明け(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
先日の台風15号による被災地のみなさんには心からお見舞い申し上げます。

今日も子どもたちは元気に登校し、真面目に学習に取り組んでいます。





こうして毎日、当たり前に過ごせることが一番大切なことであると再認識する日々です。

今週、来週、ともに三連休ですね。




交通事故等に巻き込まれることがないように指導を続けますが、ご家庭でも繰り返し「寄り道をしないこと」「遊びながら歩かないこと」など呼びかけをお願いいたします。
16:20
2019/09/17

富勢中学校体育祭(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
土曜日に富勢中学校の体育祭に参加しました。
朝、雨が降ってきて慌てましたが、ほぼ時間通りに始まりました。

たくさんの中学生が紅白に分かれ、全力で競技に打ち込む姿は、見ていてとても気持ちの良いものでした。体の大きさには驚きました。普段目にしている小学生とは比べものにならないたくましさを感じました。
富勢東小の6年生の多くは来年のこの時期、この体育祭に参加していることになります。他の学年の多くの児童もいずれこの場所で学ぶことになります。

小学校で生活していると、「6年で終わる」閉じた世界のように感じてしまうことがありますが、こうして頑張っている中学生をみると、つながっていくんだな、つながっているんだなと感じます。元気をもらった体育祭でした。

08:45
2019/09/13

1、2年生校外学習(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
アンデルセン公園に校外学習で行ってきました。
保護者のみなさん、朝早くからお弁当作りありがとうございました。





厚い雲におおわれた1日でしたが、風がさわやかで、活動にはちょうどよい気候でした。
到着後は学年ごとに、手を使った創作活動をし、お昼ごはん後は体を使った活動を全力でしました。
子どもたちはその場その場での活動を楽しんでいました。
何より、楽しく活動するということが一番の学びになったと思います。今日はゆっくり休んでください。



17:05
2019/09/12

環境を整える(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
ごみが落ちているのをそのままにしておくと、そこにはごみが増えていくといいます。
きれいにしてある場所は汚しづらいという話も聞いたことがあります。

先日の台風で、敷地内の木の枝がたくさん落ちました。それをそのままにしておいて、子どもたちが拾い、振り回したり、投げたりして、誰かがけがをしたり迷惑がかかったりしたらと考えてみます。

学年にもよります。低学年なら仕方ないが、高学年なら少し考えれば危ないことはわかるはずだ、となるでしょう。

しかし、大勢が生活する場所ですから、「なぜ落ちた枝をそのままにしておいたか」という話にもなるわけです。


すべてを撤去するには時間がかかりますが、やれるところから行っています。
(朝から汗を流し掃除をする本校教頭。ありがとうございます。)
08:40
2019/09/11

4年花育(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
公益財団法人 岡田茂吉美術文化財団から美術文化インストラクターの小林さん、鈴木さん、原田さんをお招きして、4年生を対象に花育の授業をしました。

最初は、声をかけながら育てたひまわりの写真などを提示しながら、関わりながら育てる大切さなどのお話をしていただきました。

その後、一人一人が持ってきたペットボトルで花器を作りました。持参したシールや、マスキングテープなどを使って、思い思いの作品になりました。


いよいよ花選びです。
インストラクターの鈴木さんがデモンストレーションとして、花を見る様子、花を選ぶ様子を見せてくれました。

子どもたちは用意された花々の中から、自分の興味のある花を選びました。そして、高さを考えて自分の作った花器に入れました。それをみんなで鑑賞もしました。


最初に、インストラクターの方に「花が好きか嫌いか」を問われた子どもたち。
「嫌い」に手を挙げた子どもも何人かいました。しかし、それは「嫌い」なわけではなく、花が好きとか嫌いとか考えたことがない、というのが本当のところだと思います。実際、今日、この活動を通して「花が好き」と答えた児童が多くなったとインストラクターの方が言っていました。花に関わる時間が子どもたちの気づきを引き出したということでしょう。この1時間が子どもと花の関係を決定づけるわけではありません。あくまでもきっかけです。
今まで気にもしなかった通学路に咲く花に「おや?」と目が向く、そんなことも起こるかもしれません。

花ではありませんが、私も机上に観葉植物を置いています。机の上に植物を置くと良い、と聞いたことがあるからです。実際、そばにあることで、こちらが元気になったり、青々としたたくさんの葉が茂る様子を見ると、目に見えない関わりを感じることもあります。
子どもたちも今日の2時間で、普段の授業とは違う学びができていたら良いなあ、と思います。
インストラクターのみなさん、ありがとうございました。

16:40
2019/09/10

4年生戦争体験を聞く(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
今日のザ・わくわく(世代間交流教室)では、戦争の体験談を聞くことができました。
その前に、なかよしルームで交流給食です。


終了後、隣の教室に場所を移して、布施新町にお住まいの苅米さんのお話をうかがいました。当時、小学校6年生だった苅米さんは、広島でご家族と暮らしていたそうです。



子どもたちも大人も、静かに苅米さんの話に耳を傾けていました。20分があっという間に過ぎました。
そのあと、子どもたちの歌声をプレゼントさせていただきました。


太平洋戦争は歴史上の出来事として6年生が社会の学習で学びます。4年生の想像力でどこまでついて行けたかわかりませんが、貴重なお話を聞くことができました。2年後の歴史の学習できっと今日のことを思い出すことでしょう。

戦争については、関係する本や映画もたくさんあります。毎年夏にはテレビの特番でも必ず扱います。私自身、それ以外でも、実際に広島や沖縄を訪れて、平和記念館や記念公園等で資料に触れる機会はありました。
しかし、直接体験をこのように目の前で聞いた経験はありませんでした。20分という短い時間ではありましたが、少年だった苅米さんの、ご両親への思い、妹さんへの思い、胸に迫るものがありました。資料を見たり、読んだりしたこととは違うものを感じました。
特に心に残ったのは「70年は植物は育たないだろうと言われていた広島の地に雑草が力強く生えてきた」というところです。命というものは強いエネルギーを持っているのだ、命つきるまで生きねばならない、そんなメッセージを受け取った思いがしました。
月日と共に、戦争の語り手が少なくなることを危惧する声は今まであちこちで聞いてきました。それは仕方の無いことではありますが、本物に触れることの大切さを感じた時間になりました。
ありがとうございました。

16:40
2019/09/09

台風15号(校長ブログ)

| by 富勢東小学校管理者
すごい風でした



すごい雨でした。

今までの経験から、金曜日のうちに数人の先生方が気を利かせて体育館倉庫の中の備品をフロアに逃がしておいたので

備品は雨水で濡れずに済みました。
子どもたちが登校するまでの時間で、体育館倉庫、トイレ等の水取りをしました。


先生方、朝から素早い良い動きでした。お疲れ様でした。ありがとうございました。

子どもたちが登校する頃にはこの地区は暴風域から外れ、みんな元気に登校することができました。保護者のみなさんご協力ありがとうございました。

16:50
12345